不動産のQ&A!

​購入手続き・費用について

​A.​仲介手数料は取引物件価格により上限額が法律により決まっています!

​例1.取引価格物件が200万円以下の場合

​取引物件価格(税抜)×5%+消費税

​例2.取引価格物件が200万円を超えて400万円以下の場合

​取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税

​Q.仲介手数料はどれくらいかかりますか?

​例3.取引価格物件が400万円を超える場合

​取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税

​Q.不動産に消費税はかかりますか?

​A.​土地の売買では消費税はかからないですが、建物の場合は消費税がかかる場合があります。

​個人が売主の建物の売買には、消費税がかからないですが、業者が売主の場合は消費税が課税されます。

業者が売主である新築戸建の場合は、土地と建物を取引することになりますが、建物部分についてのみ消費税が課税されます。

例えばですが、3,000万円の売買物件の内訳が、土地1,000万円、建物2,000万円だとすれば、建物の2,000万円に対して消費税がかかることになります。

​なお、不動産に限らずに価格は消費税込みの総額表示が原則となっていますが、重要事項説明書や売買契約書では、その内訳を明示しなくてはなりません。

​A.​少ない自己資金でも住宅を取得することも可能です!

​今までは、住宅の購入価格の20%の頭金が必要とされていましたが、現在では物件価格の90%〜100%の融資をしてくれる住宅ローンも多く登場してきてます。金融機関によっては100%のローンや請負用ローン等の利用ができる場合もあり、少ない自己資金で住宅を取得することも可能となっていますので、お気軽にご相談ください!

​Q.住宅購入時の自己資金は、どのくらい必要?

​Q.購入後の手続きには何がありますか?

​A.​ローンの手続きと登記手続きがあります。

​ご契約後、住宅ローンを利用する方は住宅ローン手続きがあり、最終的には物件のお引き渡しと司法書士による登記手続きがあります。また、住宅ローンを利用した方は翌年には確定申告が必要になります。

​その他、お引越しの後は公共料金の住所転移の手続きや各公共機関へ名義変更の手続きが必要となります。